睡眠薬を試すなら…病院へ行く?通販で買う?

起きている女性
「今夜も眠れなかったらどうしよう」「ぐっすり眠りたい」「睡眠薬は副作用が怖い」毎日のように眠れない日々が続くと、自分の身体に何が起こっているのかわからなくなり不安になることがありますよね 。睡眠薬を試してみたいけど、病院へ行って処方してもらった方がいいのが、通販から試してみたほうがいいのか比べてみましょう。

不眠症治療は基本的に保険が効く
不眠症は病院で診てもらうのが一般的です。
精神科か心療内科に案内され、自分の症状を医者に相談することができます。
さらに病院へ行き受診ができるということは、保険も効き医療費を抑えることも可能ということです。
しかし「病院へ行く時間すらない」「待ち時間が長い」など、医者という専門家に相談するには、相応の時間と体力が必要です。

通販なら処方箋なしで薬が買うことができる
通販で睡眠薬を購入すれば、 処方箋なしで買うことができます。
日本の薬は病院で処方してもらうのが一般的ですが、個人輸入代行という手段を使えば一般の方でも、 睡眠薬を処方箋なしで購入することができます
個人輸入代行のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット
・通院プライバシーが守られる
・英語ができなくても業者の人が手続きしてくれる
・個人では輸入できない商品を輸入してくれる
・病院で診てもらう時間を他のことに使うことができる
デメリット
・注文してから届くまでの時間がかかる
・医療品の服用に関しては自己責任
・購入者の体質にあっているかわからないため、自己判断する必要がある

薬がなくなるたびに病院へ行く時間がない、という方は個人輸入代行を試してみるのもひとつの手かもしれません。

まとめ
不眠症は一般的に病院で診てもらうのが基本です。しかしなかには、精神科や心療内科というイメージで躊躇してしまいズルズル先延ばしにしてしまう人もいます。
「待ち時間がイヤ!」「わざわざ病院へ行きたくない!」という方は、個人輸入代行で睡眠薬を試してみるのも一つの手でしょう。