デパスは通販できない…代わりにネット購入OKの睡眠薬は?

通行禁止
睡眠薬として強い効き目を発揮していたデパスは、通販で購入することができなくなりました。
ここでは、デパスの代わりとして知名度が上がってきているバスパーについてお伝えしていきます。

●デパスが通販できなくなった理由
デパスは効果が強い分、依存症や乱用をする危険性がある向精神薬、と判断されたため通販で購入することができなくなってしまいました。
通販で買うことはできなくなりましたが、医師が本当に必要と判断すれば病院で処方薬として購入できます。
しかし、合法で手に入るからといって乱用するのは大変危険です。

依存症と聞くと麻薬を思い浮かべますが、病院で処方される睡眠薬でさえも医師の判断に背くと依存症になる可能性がある、ということを押さえておきましょう。

●デパスの代替薬・バスパーってどんな薬?
バスパーは睡眠障害や不安障害、あがり症などに効果が期待できる薬です。ドーパミンやアドレナリンを増やし気分を高揚させてくれ、緊張感や不安感を抑えてくれます。
デパスとバスパーはどちらも不眠症の中途覚醒に効き目があります。
中途覚醒とは、最初は眠れたのに毎晩途中で起きてしまうという症状です。
作用時間は6~7時間持続する睡眠薬です。
バスパーの副作用は主に4つの症状が現れ始めます。

・めまい
・立ちくらみ
・眠気
・頭痛

バスパーはデパスよりも副作用と、依存性が抑えられています。デパスよりも身体への危険性は少なくなりましたが、服用する際にはきちんと検討してから使用しましょう。

まとめ
デパスは通販で買えなくなるほど、身体への影響が大きいので、服用したい際はきちんと医師と相談することをおすすめします。
代わりになるような睡眠薬があるのであればバスパーでもいいという方は通販を利用して、睡眠薬を手に入れるのもひとつの手段です。