自分でできる不眠症の改善方法

変化
不眠状態が長続きするといろいろな不安が募り、眠れないことへのストレスも感じてきますよね。生活習慣を見直すことで改善していくケースもあればサプリメントを服用してみるケースもあります。
睡眠薬を使用する前に、自分自身でできる改善方法を見てみましょう。

生活習慣を見直そう
まずは自分の生活習慣、睡眠スタイルを変えてみることから始めてみるのもいいかもしれません。
・睡眠時間にこだわらない
・太陽の光を浴びる
・適度の運動をする
・寝る前にリラックスタイムを
・寝酒はしない

他にも自分流のストレス発散法を見つける、寝室の温度が暑すぎるなら換気をして温度を調整する、など人それぞれのやり方があります。生活習慣を見直すことで不眠症状を緩和してみましょう。

サプリメントを取り入れてみる
生活習慣を見直しても不眠状態から抜け出せない人がいます。その場合どのような方法で対処していけばいいのでしょうか?
次の方法としては、サプリメントを日々の生活の中に取り入れてみること。
睡眠の改善には、メラトニンのサプリメントがおすすめです。
メラトニンとは脳から分泌されるホルモンの一種で、体内時計を調整する作用、眠気を引き起こす作用、体温を下げる作用などの働きがあります。
メラトニンサプリは、メラトニンそのものの量を増やすので、より良い睡眠サイクルをもたらしてくれます。
しかし、もともと持っているホルモンレベルをサプリメントにより値をあげるので、摂取量には十分に注意しましょう。

まとめ
病院を受診することに抵抗がある方は生活環境を変え、サプリメントを服用してみるのもひとつの方法です。自分自身にあったやり方で睡眠サイクルを取り戻しましょう!